【小ワザ・便利】Macでコピー(クリップボード)を履歴から貼り付ける方法 – Clipy –

PCでコピーしたものを貼り付ける時、直前にコピーしたものしかできない、と思われている方は多いのではないでしょうか?

前にコピーしたものをまた貼り付けする際、またコピーしにいくという面倒なことをしなくても、コピーしたものの履歴を遡り貼り付けすることができます。

簡単な手順でできますので、便利になりそうと思われた方は、是非やって見て下さい。

システムエンジニアとして約10年以上働いているチャオズミヤタが、備忘、兼、少しでもお役に立てばと思い、書いております。

書いた背景

日経新聞の記事「ショートカット・単語登録・画面コピー…効率極めるPC技」を読んでいたところ、

「5位 クリップボード履歴から貼り付け」とあったのですが、Windowについてしか書かれておらず、

Macでどうやるんだろうと調べたら、簡単だったので備忘としてまとめました。

※ちなみにWindowsでは、「Windowsキー + V」でコピーしたものを遡り、貼り付けできるようです。

やり方

Clipyのインストール

イメージ

インストールしたら、画面右上にアイコンが出てきます。

アイコンを押すと、下記のようなメニューが表示されます。

コピーしたものは、履歴の下(1 − 4の箇所)に表示されます。

※画面イメージでは、4つコピーしたので、”1 − 4″になっています。

コピー、貼り付け方、履歴クリアのやり方

コピーすると、上記画像のリストに追加されます。

貼り付け方は、貼り付けたい箇所にカーソルを合わせて、上記リストのいずれかを選択すると、貼り付けされます。

コピーしたものを消したい場合は、履歴をクリアで全て消えます。

最後に

いかがだったでしょうか?

少しでも業務効率化など、お役に立てば幸いです。

これからも役立ちそうな知識、小ワザがあればシェアしていければと思います。

ではまた、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA