こだわりの椅子として、ハンス J. ウェグナーのYチェア

座ることは、一日の中で、最も長く過ごす姿勢ではないでしょうか?

我が家のこだわりの椅子を紹介させて下さい。

椅子はこだわりたい

僕は椅子にはこだわりたいです。

というのは、以下のポイントからです。

  1. 日々の中で使う時間が最も長い家具である
  2. 使い勝手が良い
  3. 家の雰囲気や景色を作る大きな要素になる

1.日々の中で使う時間が最も長い家具である

1日の内、ほどんどの体勢が座っている姿勢ではないでしょうか?

また、食事、団欒、また人によってはリモートワークなど、

家の中では、リビングやダイニングにいる時間が多いのではないでしょうか?

2.使い勝手が良い

椅子は、座るのはもちろんですが、

高い位置にあるものを取る時や、物置にもなります。

家具の中では、かなり汎用性の高いのではないでしょうか?

3.家の雰囲気や景色を作る大きな要素になる

椅子は目に入るところに置いている人が多いのではないでしょうか?

家の雰囲気や景色を作る家具なのでこだわる価値があると思います。

Yチェアの特徴

デンマークを代表するデザイナー、ハンス J. ウェグナーがデザインした椅子です。

特徴を4点ほど。

  1. Y字型の背もたれ
  2. 綺麗な曲線のフレーム
  3. 座面のペーパーコード
  4. 経年変化

1.Y字型の背もたれ

1つ目は、写真でも分かる通り、Y字型の背もたれ。名前の由来になっているそうです。

2.綺麗な曲線のフレーム

綺麗な曲線のフレームは、1949年とかなり昔にデザインされたにも関わらず、モダンな雰囲気です。

3.座面のペーパーコード

ペーパーコードは、樹脂を含ませてよった紙ひもです。

紙の紐と言えど丈夫で、座面の上で立ち上がるっても問題なく、高い位置のものを取る時にも普通に活用できます。

4.経年変化

選ぶ種類にもよりますが、ビーチ材やオーク材でソープ仕上げやオイル仕上げのものの場合、

下記のように、味というか、使用感が出てきて使うのが楽しくなってきます。

”安藤工務店”さんのブログより

CH24(Yチェア)の経年変化

その他

もっと詳しく知りたい方は、下記のサイトがおすすめです。

参考リンク

また、専用クッションがあります。

我が家ではファブリックのクッションを使っております。

最後に、我が家の雰囲気を

いかがだったでしょうか?

Yチェアの紹介をさせていただきましたが、

Yチェアに限らず、椅子にこだわってみるのもアリではないでしょうか?

ではまた、

商品リンク

Yチェア(オーク材)※一番おすすめ

Yチェア(ビーチ材)

クッション(ファブリック)※我が家で使っているもの

クッション(レザー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA